読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Harrrrrry

気の向くまま、手が動くまま

レゴブロックで補修、人と文化を繋ぐ

レゴブロックで遊んだ事はありますか?

何をつくろうかな、なんて考えて
貴族の舞踏会が開かれるようなお城をつくってみたり
首がどこまでも天高くのびるキリンをつくってみたり。

頑張れば想像を超えていろんなものがつくれるレゴブロック。

そんなレゴブロックが文化の一部になったとしたら
あなたはどんな気持ちで文化をみるのでしょう?

f:id:harrrrrrry:20160501165141p:plain

ニュースや過去の制作をもとにレゴの面白さを
調べてみました

 

 

 

 

レゴの楽しさ

レゴの世界は奥が深く、遊び心も満載です。
レゴを見て、暗い気持ちになる人はいませんよね?

そんなレゴが愛される理由はその表現力の豊かさだと感じます。

というのはただ何かをつくるだけではなく、 

 

 

映像としてレゴに命を宿したりもできます。

この映画は2014年に公開されました。

エメットというどこにでもいる青年が伝説の勇者に
間違えられ、レゴワールドを支配する大王から世界を
救わなければならないはめに。
けど本人はやる気、覚悟ともにゼロ。
世界の終わりまで残り3日、どうなるレゴワールド。

//http://wwws.warnerbros.co.jp/lego///

というあらすじになってます。

この映画も世の中にレゴの面白さ、楽しさが
根付いてるからこそ制作されたのではないかと思います。

 

 

レゴで建物を修復

news.livedoor.com

何の変哲もない道路や、建物。さらに万里の長城
フランス・トゥールーズにある古い図書館の「補修」をする
Vormannさん 。

普通の職人が行う補修であれば何の事は無かったのですが
彼の補修の仕方は少しばかりユニークでした。

なぜならレゴブロックを使って補修をしていたからです

パッチワークのように、欠けている箇所に上手に
レゴブロックを埋め込みます。

そのアートな見た目に足を止める人もしばしばです。

 

なぜこのような事をVormannさんがしているのかというと

 

世界のどの場所に住んでいる人でもレゴブロックには
「楽しい」という感情やイメージを持っているもの。
現代的なレゴブロックを世界中の壊れた建築物に
プラスすることでVormannさんは「人々は文化を共有している
と思えるからだそうです。

//レゴブロックで壊れた建築を補修する試み - GIGAZINE//

 

Vormannさんの活動範囲は広く銀座の三丁目にも
その補修した跡があるそうです。

//銀座3丁目に補修レゴブロック?詳しい場所の位置を調べてみた | 9と3/4番線//

 

人の悲しみを背負った文化も、レゴブロックにより少しでも
拭えたら世界はより素敵になると思います。

欠けてしまった心にもレゴブロックが埋まるといいですね。