読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Harrrrrry

気の向くまま、手が動くまま

アフリカの動物達が絶滅の危機

動物はお好きですか?

私は足が速くてかっこいいチーターが好きです。
一度背中に乗ってみたいな、なんて思います。
ですが、このままではチーターの背中に乗るという私の願いは
叶わなくなるかもしれません。
なぜならチーターはその個体数を減らし
絶滅危惧種になってしまったからです。

そしてこのチーターの例のように
今、多くの動物達が息づく大陸「アフリカ」で
様々な動物の絶滅が危惧されています。
その数推定1万7291種です。

あれだけ野生動物が繁栄していると思われた
動物大陸アフリカで一体何がおきているのでしょうか。

その真実に触れていきたいと思います。

f:id:harrrrrrry:20160511163009p:plain

 

 

違法伐採

動物達が絶滅に追いやられる原因の1つとして上げられる
のは、その環境の破壊、ひいては違法伐採です。

違法伐採とその対策 - 森林・林業学習館

違法伐採とは各国の法を無視して森林を伐採する事です。

違法伐採の忌む所は

その伐採により森林が減少し、森林から蒸発した水
により発生していた雨の頻度が少なくなり、加速度的に
森が廃れていってしまう悪循環ができてしまうところです。

なぜ人々が違法伐採をするのかというと
コストがかからず、安価で流通したとしても利潤が高いからです。

現在、国際問題として各国で対策をとっていますが
まだまだ油断出来ない状態です。

一刻も早く森林が元の状態に戻る事を願います。

 

 

密猟

その言葉の通り、絶滅の原因をつくる密猟です。

密猟者は国境を超えて、毛皮、牙や角を採取するため
動物を殺戮します。

www.wwf.or.jp

過去には何百という数の動物達が犠牲になりました。

 

命をお金と天秤にかける事などあるまじき事態です。
どうか動物を道具のように扱わないでほしいです。

 

 

写真家「ニック・ブラント」

news.livedoor.com

高架下の象、採石場のライオン。

これらの写真は人間が消滅させつつある、
かつてそこにあった「繁栄の空気」です。

衝撃的で説得力のあるこれらの写真は
アフリカの野生動物たちが生存の危機に瀕していることを
人々に訴えるという、ニック・ブラントの生涯をかけた
取り組みのひとつです。

彼は

「わたしはかなり悲観的ですが、現在の状況は、
わたしが想像したよりもさらに悪いのです。
かつては動物たちがここを歩き回っていたのに、
いまはもういない。そんな場所について、わたしは考え続けています」

と語っています。

 

私もこの写真を見て、動物達の今を考えなくてはいけない
と思いました。

アフリカの動物達の多くがまた大地を元気よく駆け回る、
そんな光景が当たり前になる日がくればいいなと思います。