読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Harrrrrry

気の向くまま、手が動くまま

ストームチェイサーが巨大竜巻を追う!

突然現れては、あらゆるものを飲み込んで去っていく竜巻
その猛威を間近で体験した事はありますか?
実は、その猛威に立ち向かう事を業とした職業があるのです。

https://image.freepik.com/free-photo/_2618997.jpg

 

 

 

ストームチェイサー

news.livedoor.com

ストームチェイサーとは、主に米国において竜巻を
観測、記録を行う専門家の事をいいます。
竜巻の発生源を割り出し、竜巻を撮影した後
メディアに提供したり、竜巻の研究として研究機関に
提供したりします。 
//ストームチェイサー(すとーむちぇいさー)とは - コトバンク//

 

ストームチェイサーは正に命がけの仕事です。
竜巻の前では人は、なす術がありません。

更に実際にその撮影が数千円〜数万円程度
にしかならないので、アルバイトをしながらでないと
生活が苦しいという状況です。

 

そうまでして竜巻を追う理由は一体何でしょうか?

 

竜巻の魅力

thepage.jp

ストームチェイサーの青木さんはこう語りました。
好きでないとやってられない仕事ですね。
僕は8年間、こういう撮影をしていて、1度だけ遭遇できたけど
運が良かっただけ。10年に1度、遭遇できればいいほうで
狙って遭遇できるものじゃない。」

竜巻が目の前に現れてくれる事がそうある訳ではありません。
宝物を探すような確率なのです。

なぜ、危険を顧みず竜巻を追うのか、それは

竜巻を追う事に夢があるのだと思います。
その結果に、お金や、社会貢献がついてくるのだと思います。
私も映像で竜巻を見ると少しわくわくしてしまう事があります。
実際に目の前で見ると足が震えると思いますが、
もしかしたら同じような想いなのかもしれません。

水上の竜巻はなんとなく◯NE PIECEにでてくる空島に
行くためのノックアップストリームに似てますね。

私も一度は遭遇したいようなしたくないような、
そんな気持ちですが、青木さんのようなストームチェイサー
の夢が叶えばいいな、なんて思います。